ひよ子のハンカチ

hiyokodesu.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 16日

お知らせ

昨日レモングラスへ行ったらkakkoちゃん(山元加津子さん)の講演会のチラシが出来ていました♪
b0198126_95619.jpg

今年もkakkoちゃんが倉敷へ来られます。よかったら講演を聴きにきてみてください。
日時  11月19日(土)14時~17時
場所  倉敷平成病院内 倉敷在宅総合ケアセンター4階 多目的ホール
    (岡山県倉敷市老松町4丁目4-7 086-427-1111)
参加費  前売り1000円  当日 1500円

kakkoちゃんと知り合って10年くらいになります。
ほんわりして頼りなさそうに見えるのだけど、優しさの本当を知っていて、傷ついている人のそばにそっと寄り添える女性です。素敵な女性なのです。
いつも会うたびに可愛くて、ふわっと優しいオーラみたいなものを感じてしまう大好きな女性です。
また倉敷でお話を聴けることが嬉しいです。

先日本屋さんで15歳の寺子屋という本を見つけました。
b0198126_100545.jpg

ちょっと立ち読みしてみると面白い。コレは図書館で借りてみよう♪と思いました。
私が借りたのは「ひとり遊びのススメ 茂木健一郎」「15歳の日本語上達法 金田一秀穂」「ひとり 吉本隆明」

どれもイイ♪のですが、私は吉本隆明さんの本がよかったな~。
吉本隆明さんも、子どもの頃、人と話すのは苦手でした。でも、届かなかった言葉こそが、自分にいろんなことを教えてくれたといいます。
人は誰でも、誰にもいわない言葉を持っています。沈黙も、言葉なんです。樹でいったら、地面の上に見えてる枝葉じゃなくて、見えない樹の根っこの部分が言葉にもあるんです。
自分や誰かの言葉の根っこに思いをめぐらせてみてください。

私も話すのが苦手です。人前に出るのも苦手。ドキドキしてしまう。でも人が嫌いではないんです。
そんな私には、吉本さんの本は「それでいいよ」って言ってもらえてるようで元気をもらいました。
15歳じゃないけど・・・元気もらいました。あはは。
[PR]

by hiyokonohankati | 2011-10-16 10:22 | 素敵な人たち | Comments(6)
Commented by あじ at 2011-10-16 11:38 x
kakkoさん来るんですね。
行けるかなあ?
15歳の寺小屋、読んでみたい。
15歳って不安定なときですよね。
図書館にあるかなあ。
Commented by hiyokonohankati at 2011-10-16 17:26
あじさん、去年と場所が違うんですよぉ~。大丈夫でしょうか。
来られるといいですね(^-^)
15歳の寺子屋、きっと図書館にあると思うのだけどなぁ・・・。
吉本さんの「ひとり」は,いいなぁと思っていて買っちゃおうと思ってます(^-^)
Commented by at 2011-10-17 09:14 x
面白そうな本ですね。
ボクも図書館で探してみます~♪
山元さんの講演の、タイトルがいいねww
Commented by hiyokonohankati at 2011-10-17 17:28
梅さん、15歳の寺子屋シリーズ、面白いですよ。
いいなぁと思う本に出会えると嬉しくなります(^-^)

kakkoちゃんの講演のタイトル、ほんとにいいですね。
どんな毎日も大切な1日、どんなことも大切な人生のパズルの1枚なんだろうなぁ。
Commented by あじ at 2011-10-19 09:25 x
う~ん、いけるといいなあ。
図書館には、野口さんの宇宙の話のだけあるようです。
借りてみよう。
Commented by hiyokonohankati at 2011-10-19 09:48
あじさん、毎日の中ではいろんなことがあるから・・・kakkoちゃんの講演、来られるようだったら来てみてくださいね。
野口さんの本ですか♪どんなお話が書いてあるのかなぁ♪


<< 友達へのメッセージカードを巻物で      夜空がきれいですね >>