2011年 09月 16日

流星

毎日の中では、なんだか不思議~と思うことがあるものですね。
昨日は、そんなふうに思ってしまった1日でした。
ちょっと話は長くなりますが・・・

8月に豆本展に参加させてもらったときにイラストも展示させてもらえました。
そこに『祈り』という絵も展示させてもらいました。この絵は震災の時に描いた絵です。
この絵をもし購入してくださることがあったらそのお金は、震災募金にしようと決めていました。

豆本展の期間中、絵が売れることはなかったのですが、最終日「絵が売れましたよ」と教えてくださって、びっくり。
その絵は『祈り』でした。
絵をもとめて下さった女性は、6月中旬に1週間、震災地宮城に行ってこられた方だったということにまた驚きました。
『祈り』の絵をみてどうしても手元に置きたくなったと言ってくだって、とてもとても嬉しかったです。

その女性から受け取ったお金が、私にはとても大切に思えて、なぜか銀行などの金融機関からの募金ができずに、昨日までそのお金を持っていました。きっと金融機関からの募金では、そのお金がどう使われるのかが、私に見えてこないからだと思いました。

でもずっと持っているわけにはいかない、今日もう銀行に募金しよう!と思っているとき、買い物に出かけた先で目に留まった募金箱がありました。
それは岡山の和気町で東日本大震災から、一時避難してこられるお母さんや、子どもたちのための母子専用シェアハウス 「やすらぎの泉」への募金箱でした。
募金箱には、手書きで支援のことが書かれていて、私は「ここだ!」と思って、すぐにこの募金箱に募金しました。

募金できてよかった・・・と思いながら、夜にPCのメールを開くと『祈り』を購入してくださった方からメールが入っていました。
・・・お家のリビングに飾っています・・・支援に行った先の石巻市で、サポートしてくださった女性が来月岡山に来られるのでその方にも絵を見てもらいたいです・・・という嬉しい内容でした。
募金したその日にメールが来たので、そのタイミングに驚きました。

そして夜遅くに娘を駅に迎えにいった帰り道。夜空も星がきれいで、吹く風も心地よくて・・・・今日のことを想いながら「神様って本当にいるよね」と空に話しかけながら『わたしに一生絵を描かせてください』といいながら夜空を見てたら、ひとすじの流星が・・・・え?本当に??こんなことあるの?
まるで「わかった」と空に受け入れてもらえたようで。驚きました。

昨日は、私には嬉しくて不思議な1日でした。

長い長い話になりました。これで、終わりです(^-^)
 
[PR]

by hiyokonohankati | 2011-09-16 10:50 | 日々のこと | Comments(6)
Commented by るんるん at 2011-09-16 20:18 x
大丈夫!ひよこちゃんには 素敵な 絵を描かせてくれる神様がついてますよ。

誰も見てないとこで 一生懸命 頑張ってる人には きっとご褒美があるはず!!

流れ星 私もみてみたいなぁ
Commented by あじ at 2011-09-17 02:55 x
そんなことがあるんですねえ。
これを天の配剤(でいいのかなあ)
お天道様はちゃんと見てるんですね。
Commented by hiyokonohankati at 2011-09-17 07:07
るんるんさん、ありがとう~~。
流れ星を見たいと思って空を見てるときは、なかなか見えないのに、なんでもないときに見えたりしてビックリしました~。
なんでもない普通っていうのが大事なんだろーか・・・。

るんるんさん手作りのお味噌がとても美味しかったよ。
Commented by hiyokonohankati at 2011-09-17 07:11
あじさん、私もあじさんと同じように思いました。

いろんなことが起こったり、いろんな人と出会えたり・・・これも天の配剤なのかなぁ・・・。
いろんなことあるもんね、ほんと。
Commented by harumama-0325 at 2011-09-20 16:24
神秘的なお話ですね。
でもあるんですよ、ほんとにそういうことが。
偶然なんだけど、きっと本当は偶然じゃないんですよね。
神様はちゃんと見ていてくださいます・・・・

で!
私、狙っていたのにーーー! 「祈り」(>_<) 
やっぱり岡山に行ったときに買わせてもらえばよかった!

でもでもでも!
今回のhiyokoさんの経験を拝読して、「祈り」は私と違うところへ行くべき
絵だったんだなぁって思いました。

なので残念なんだけど、落ち込むほどの、惜しいことした!ってほどの、
がっかり感はありません。(^^)

持つべき人のところへ行くのが絵にとっても、絵を持つ人にとっても、
絵を描いた人にとっても、一番いいのだと思いますから。
ほんとに、「祈り」という名のとおり、良いところへお嫁にいきましたね。
Commented by hiyokonohankati at 2011-09-21 08:07
ハルままさん、神秘的といっていいのか、ただの偶然といっていいのか、わからないけれど・・・やっぱり不思議で神秘的~と思ってしまいました。

毎日の生活の中で、することや出会うものは、どんなことも大切でいつかどこかで何かにつながっていくのかなぁ・・・なんて思ったりもしました。

だってね、ハルままさんに会ったことだって私が豆本を作っていなかったら、お豆さんの講座を受けていなかったら、このブログを書いていなかったら・・・どれ1つ欠けていても出会えなかったことですもんね。

『祈り』は、私も大好きな絵でした(^-^)
その絵を大切にしてもらえる人のところへお嫁に行って、本当に嬉しいです♪
ハルままさん、ありがとう~。


<< 栗ごはん      大切な巻物2つ >>